更新履歴

さわりを読むをクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます
    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼
2010 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 01

【  2010年12月  】 

◆前月     ◆2010年12月       ◆翌月

『Q.V.Q.-キャトルヴァンキャトル-』 あらすじなど

2010.12.31【 Q.V.Q.-キャトルヴァンキャトル-

 『Q.V.Q.-キャトルヴァンキャトル-』【全年齢・SFファンタジー(にゅーうえーぶ)・全8話完結】  1984年の夏、 初恋と名づけることの躊躇い、 「少女」でいる蓋然性、 親への苛立ちと甘え、 幼馴染のことば、 〈エメラルド碑文〉、  ……そんなものたちを終わりのないルフランで 検索サイトから直接お越しくださった方へ  初めての方は「はじめに」を必ずご一読くださるようお願いいたします。ランキングに...全文を読む

▲PageTop

楽園の箱 11

2010.12.31【 楽園の箱

 「他のじゃだめなの? それを、返してよ」「モーリス?」「もともとおじいさんの船だったんだから」「でも、仲良くなったひとに絵をかいてもらったのに? それに、わたしにくれたんでしょ?」 モーリスはそっと唇をかんでいます。彼の言いたいことはわかっています。モーリスは、この箱を教会におさめるか、海に流すつもりでいたのです。でも、わたしが彼のためにいろいろと気遣いをしたので、旅の思い出を感謝の気持ちとして贈...全文を読む

▲PageTop

楽園の箱 10

2010.12.24【 楽園の箱

  モーリスはわたしと違って感じやすい、やわらかな心の持ち主でした。それでいていろんなことに執着して、かわいそうなほどこだわるのです。おじいさんの船を、お父さんが売り払ってしまったことにいちばん傷ついたのも彼でした。おじいさんは、パリで亡くなったのです。海の見えるこの家でなく、病院のベッドの上でした。奇しくもそれは12月30日、聖ヤコブ様の埋葬された日のことです。 だから、ふたりだけになってすぐ、モ...全文を読む

▲PageTop

楽園の箱 9

2010.12.17【 楽園の箱

  そのあと、家族はひさしぶりにそろってホテルのレストランに集まりました。お父さんは明日朝早くに帰らないといけないので、すこし不便なところにあるおばあさんの家には泊まろうとしなかったのです。娘をカトリックの寄宿舎つきの学校に入れながら、お父さんにとって、深い信仰をもつおばあさんたち――亡くなったおじいさんとふたり――は、どうにもなじめないひとたちなのでした。嫌いというのではありません。いっそ、そういう強...全文を読む

▲PageTop

楽園の箱 8

2010.12.10【 楽園の箱

  それから、わたしたち三人はタクシーに乗って聖ヤコブ様の遺骸が納められたサン・ティアゴ・デ・コンポステラへむかい、大聖堂の前の広場におろしてもらいました。 おばあさんはもうさっそく、胸の十字架を握って目を閉じていました。その目じりには大粒の涙がうかんでいます。モーリスはそれを見ないようにして、わたしの横顔を見つめました。 モーリスは、最後にあったときよりもずいぶん背ものびて日焼けして、なんだか思っ...全文を読む

▲PageTop

楽園の箱 7

2010.12.03【 楽園の箱

 「モーリス!」  名前を呼んだのが、ほんとうに猫だったのかどうか、そのときにはもう、わかりませんでした。「モーリス、モーリス、いるのかい、モーリス!」 ドアをせわしなく叩く音がして、ああ、あれはおばあちゃんだ、と気づきました。おばあさんはおかあさんとそっくりで、せっかちなのです。そう思ってから、それは順番がぎゃくなことに気がつきました。 彼はそれからぱっちりと目をあけて笑いました。見覚えのない天井...全文を読む

▲PageTop

◆前月     ◆2010年12月       ◆翌月

Menu

プロフィール

磯崎愛

Author:磯崎愛
「おはなし」を食べて生きてます。たぶん(笑)。

最新記事

カテゴリ

花 (3)
蒼 (4)
雫 (3)
音 (3)
線 (9)
* (1)

プロフィール

磯崎愛

Author:磯崎愛
「おはなし」を食べて生きてます。たぶん(笑)。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR