唐草銀河

「夢のように、おりてくるもの」
第一部「夢のように、おりてくるもの」

夢のように、おりてくるもの 4

  「さっきは災難でしたね」
 ロッカールームを出たところで同僚に声をかけられて目をしばたくと、彼はすこし困ったような顔でつづけた。
「おれが出てくとよけい厄介なことになったと思うんで」
「わたしの仕事の件ですから」
 撥ねつけるような言い方をしたわたしにも、彼は表情をかえずにつづけた。
「それはそうなんですが。おれのいたとこじゃ、夢使いのひとにあんな言い方するなんて有り得ないんですよ。その……」
 あんなふうに扱われる存在ではないと、そう言ってくれているのだと察した。彼の故郷では、闇を祓うものとして夢使いが未だに尊敬されているのだろう。 その一言にささくれた気分は払拭され、自分が独り勝手に被害者意識に押し潰されていたと察したが、そのことには触れず、わたしは気になったことだけ聞き返した。
「どちらにお住まいでしたか?」
「ずっと北の外れの小さな町です」
「北の夢使いは優秀な方が多いと聞いています」
「あなたは?」
 自分が優秀かどうかは正直よくわからない。
「試してみますか?」
 彼の切れ長の瞳が大きくなって、わたしは慌てた。その驚きによって、今の質問は出身地を尋ねられたのだと察したが、もう遅かった。自意識過剰だと思われたに違いない。じっさいその通りなのだろうが、今まで自分から「営業」したことがないというのにこれはどうしたことだろう。押し付けがましい奴だと思われるのは避けたいものだ。どうにかして今の言葉を撤回できないかと考えたとき、彼のことばが耳をうった。
「おれの家、来ますか?」
 昔ながらの慣習によれば、それが正しい方法だ。けれど。
「すみませんが、今日は無理です」
 夢秤の調整を怠ったまま、家を出てしまった。無理をすればできなくはないが、そんなことはしたくない。わたしがさらに説明をしようと口を開くと、彼が形のいい頭をふってこたえた。
「その、謝るようなことじゃなくて、いきなり誘ってこっちこそすみません。おれのほうは、いつでもいいんです。あ、お互い夜のシフトんときは駄目でしょうけど。まあ、その、ええと、おれはあなたのことが気になるってことで」
 いつも冷静な彼らしくないしどろもどろの言葉に首をかしげると、彼がため息をついてから顔をあげた。
「すみません。はっきり言わないと、あなたみたいなひとには通じないですね。たぶんあなたはおれが『夢使い』を嫌ってると思ってたでしょうけど、そうじゃなくて、おれはあなたが好きだから、たとえ何もなくとも、あなたが依頼人と一夜をすごすのがつらいんですよ。そんなのおかしいってわかってるんですが、でも、ダメなんです。それでわかったんですが、おれはあなたが好きなんだなあって」 
スポンサーサイト



*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)