唐草銀河

「夢のように、おりてくるもの」
第一部「夢のように、おりてくるもの」

夢のように、おりてくるもの 6

  「やっぱ、あなた、面白い」
「おもしろい?」
「ええ」
 ひとと違う職業だから興味を持たれたのだろうかと考えて、彼がさきほど「興味本位」という言葉をつかったことを思い出して床をみる。神経過敏になりすぎているのはきっと、わたしのほうだろう。彼はわたしが頭をあげるのを待ってから口をひらいた。
「気を悪くされたなら、すみません。その、ありがとうございます。おれのほうも焦ってあなたを驚かせたみたいだし、この話はまた今度ってことでいいですよね?」
 そういった顔には、さきほどのようにうちひしがれた様子は微塵もない。彼はわたしが勢いに押されてうなずくのを確認し、ことばを重ねた。
「ひとつ、いいですか? たしかに恋愛はスルものでしょうけど、恋は向こうからやってくるから防ぎようがないんですよ」
「夢のように?」
「そう。夢のように、おりてくるんです」
 彼はしかと頷いてのち、あ、夢違えみたいなのはナイですよ、と慌て顔で言い添えた。わたしたちは顔を見合わせ、お互いに笑いあった。
 彼はそれから、さすがに戻らないとまずいと時計をみて、じゃあ気をつけてと言い残して店のほうへと消えた。
 扉がしまる音を聞き終えたと同時に吐息がもれた。しかしそれは、先ほどロッカールームでついたものとは明らかに違う。東の空を眺めて馨しい香音の降りるのを待つ、なにかを期待する予感に似ているものだった。
 ずっと、恋とは落ちるものだと思っていた。自身の不注意で陥穽にはまる危険な行為だと感じ、なるべく近寄らないで避けてきた。夢秤を平衡に保つよう、わたしのこころをまっすぐに、または平らかにしておきたいと望んでいた。しかしながら、彼のいうとおり、向こうからやってくるのだとしたら、たしかにそれは避けようがない。わたしは幸運にして(それとも不幸にして?)、今まで恋に急襲されたことがなかったのだろう。
 それに、左右どちらにも振れない夢秤は悲しいものだ。それは、誰もが夢をみない、この視界に香音のならない証だ。そんなさびしい処にはいたくない。また、馨しく気高い香音だけを聞くほうがいいとも思わない。たとえそれが悪しき夢の放つ腐臭と耳を聾す爆音であろうとも、わたしはそれを聞くことを厭わない。
 わたしはきっと、何よりも夢が好きなのだ。わたしが恋をしているとすれば、それは「夢」そのものだ。
 足を踏み出してまず思い浮かべたのは、傾いだままになった金銀の夢秤のことだ。家に帰ってすぐに、あれを調整しないとならない。
 いつか、誰かにあの傾いだ夢秤を見せて笑う日が来るのかもしれない。その相手が彼であるという確信もなく、また実のところそうした願望も特にはないようだけれど、そんなことを想像する日がこようとは思いもしなかった。
 もしも。
 もしも恋が、夢のように降りてくるのであれば、わたしはその香音を全身で聞くことだろう。
 わたしは「夢使い」。
 夢のように降りてくるものを拒めるはずがない。

 (終わり)




ランキングに参加しています。お気に召したら押してください。励みになります!
スポンサーサイト



*Edit ▽TB[0]▽CO[2]   

~ Comment ~

NoTitle 

>とはいえ、このまま黙っていては彼も困るだろう。なにか言わなければと考えを巡らしていると、彼がおもむろに吹き出した。

↑ここ、良いですねぇ。
なんだか、和みました。というか、はっといたしました。

それから。

この二人、なんだか、この場面を切り取って飾っておきたいくらい良い絵です。
こういう瞬間が、この刹那が一番良い。
レンアイって、始まってしまうと途端に興味が失せる。(それはそれで、オカシイが(ーー;)
こういう、ほのかな瞬間を切り取るのが、それも、こんなにスマートに、艶やかに写し取るのが、愛ちゃんは本当にうまい!
素晴らしい!
なんだか、感動しました。

でも…
なんだかんだで人物に散々振り回されて、え? 結局はそゆこと?
と愕然としたバカを知っているので、朱鷺も気を付けないと(ーー;

これは、実は、最初の方は、朱鷺の現在の境遇、心に思うこととすごくに通っていて、ちょっと辛かった(^^;
本業と副業。
朱鷺の本業ってのも、実は、あんまり周知されてなくって、偏見まみれで、何げに悲しい職業なんだよな。
まぁ、この世界に入るまで、朱鷺も間違いなく偏見抱いていたし~(^^;

Re: NoTitle 

お返事遅くなってすみませんでした!

> ↑ここ、良いですねぇ。
> なんだか、和みました。というか、はっといたしました。

えへへ、なんか、こういうキンチョーの場面でわりと笑っちゃうことってあるとおもうんですよ
こっちがドキドキしてるのに、相手が受ける、とか
そういうの、書くの好きなんです

> この二人、なんだか、この場面を切り取って飾っておきたいくらい良い絵です。
> こういう瞬間が、この刹那が一番良い。

あー、わかりますわかります!!!

> レンアイって、始まってしまうと途端に興味が失せる。(それはそれで、オカシイが(ーー;)

あとは、だって、することして日常が始まりますもんね(苦笑)

> こういう、ほのかな瞬間を切り取るのが、それも、こんなにスマートに、艶やかに写し取るのが、愛ちゃんは本当にうまい!
> 素晴らしい!
> なんだか、感動しました。

おおおおお、感動とまで言っていただいて嬉しいです!

> でも…
> なんだかんだで人物に散々振り回されて、え? 結局はそゆこと?
> と愕然としたバカを知っているので、朱鷺も気を付けないと(ーー;

あはは、
そういう煙に巻かれること、ありますよね
さらっと流されたり、こっちは真剣なのに

> これは、実は、最初の方は、朱鷺の現在の境遇、心に思うこととすごくに通っていて、ちょっと辛かった(^^;
> 本業と副業。

あーーーーー
それは、そういうふうに感じていただいて、申し訳ないですが
でも、
逆に、我が身に引き寄せて読んでいただけると凄くありがたいです

> 朱鷺の本業ってのも、実は、あんまり周知されてなくって、偏見まみれで、何げに悲しい職業なんだよな。
> まぁ、この世界に入るまで、朱鷺も間違いなく偏見抱いていたし~(^^;

そうでしたか・・・
この「差別」とか「偏見」ていう主題は、ずっとラストまで実は続きます
第三部まで引きずる最大テーマのひとつなので、
もしよろしければ、お辛いかもしれないですが、お付き合いしてもらえたらと思います
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)