唐草銀河

「歓びの野は死の色す」
細かな文様

細かな文様 15

  「その調子で精鋭の皇帝軍ってえやつを貸してはくれませんかね」
「それは無理だろうな」
「あなたが頭をさげても?」
「あのひとは、一度たりともおれの願い事をきいてくれたことがない」
「じゃあ、大砲を使わんとならんのですよ」
「あれは禁じられたそうだが」
「やめろと言われて、そのままにできますか?」
「できまいが……長弓ならともかく、あれはそんなに有用なものなのか?」

 アランが小馬鹿にしたように鼻で笑って首をふる。

「見たことがおありで?」
「ああ。黄金宮殿にもあったし、父上が城に備えてあるのを見たことがあるが」
「黄金宮殿にあるものはともかく、この国の大砲なんざ、役に立ちませんよ。なにせ一発ぶっぱなしちゃあ、城壁が壊れるような危険極まりない代物ですぜ。まともな砲兵はいないし、よそから引っ張ってこようにも彼らは君主お抱えです、接触するのすら難儀ですよ」
「そのあたりのことはオルフェと話したのか?」

 うんざりした様子でアランがこたえた。

「話しましたよ。あの方は賢い方だ。そのくらいのことは十分に理解してる。ただし理解しすぎてこっちの予想の上をいく。可動式の大砲を、それを扱える砲兵ごと東の彼方から連れてこいっていう始末で、俺はほとほと手を焼きましたよ」
「たしかにあれは東の国のものだったな」
「ええ。それであなたの身柄と引き換えに、一式全部用意してくれるっていう奇特な人物が現れましてね」

 まさか。

「そう、そのまさかで、あなたの昔の愛人がこの大陸の西の端で最新式の大砲と、その技術をもった人間を連れて待ってるんですよ」

 では、先ほどの夢は先触れだったのだろう。
 皇帝陛下の弟君にして大陸一の資産家。そして、おれを囲った男……月の君。
 あの方が陸路をくるとは思えない。
 
「とすると、船であろうな?」
「ええ」
「月の君が来たのなら、奥方が亡くなったということか?」
「そのようで」
「東の人間が信用できるのか?」
「いや、それが、どうやら元はれっきとした帝都の人間らしい。東の人間の血もはいってるとの噂だが、真実天才だそうで、たしか名前が」
「サルヴァトーレか?」
「ご存知で?」

 嫌な予感にあごをひいた。
 月の君お気に入りの天才科学者だ。同時に、死の女神の仕事にけちをつける、慮外者でもある。なんでも「不死」の研究をしているといっていたが、大砲の扱いなら信用してもよさそうだ。

「受け渡しはレント共和国か?」
「ええ。ほんとはモーリア王国のほうが近いんですが、なにせ可動式大砲なんてえ目立つもんを運ぶのは困難だ。皇女様をお迎えに行くついでに、その一行にまぎれこませちまおうと思いましてね」
「それは難しいのではないか?」

 帝都の城に備え付けられていた大砲は、大木のように大きかった。可動式となるとどうなるのかわからぬが、あんなに目立つ鉄の塊を隠すのは容易ではないはずだ。

「組み立て式だそうで。長持ちに入れて担げるって話ですよ」

 おれは開いた口が塞がらなかった。

「それはつまり、火薬の威力があるということか?」
「そのあたりの詳しいことは俺にもわからんですよ。殿下はお詳しいですがね」

 男の口ぶりには、大砲を苦々しく思っていることが感じられた。
 そして、おれはというと、先ほどから気がついていながら認めたくなかったことを声にした。

「……オルフェが、おれを売ったのか」

 吐息をつくと、男が苦笑した。その顔は、それを事実と肯定していた。





ランキングに参加しています。この作品が気に入ったら、投票してください。



スポンサーサイト



*Edit ▽TB[0]▽CO[2]   

~ Comment ~

知ってしまったんですか…! 

知らない間に、助けが来て合流出来れば良いのに、と思っていたのに。
うう、辛いですな、エリス。
だけど、この兄妹ってなんて屈折しているというのか。
こういう時代では親兄弟ですら取引の材料になってしまうといいうのは、だけど理解出来ます。
‘情’を排してやり遂げなければならないことがある、という大義名分も。
だけど、やるせないですな。
どこか達観している風のエリスでも、だけどそれはそれまで翻弄され続けた結果だと思うから、信頼して守ろうとしていた相手の裏切りは辛いだろうと思うと切ない。

そして、『おれが生きていることが彼女たちの命の保障になるとも思えず、ただ無事を祈るしかない己に憤りがました。』まず、彼女がこれを考えたところに、その心根が凝縮されているような気がして、ちょっと感動しました。

清さを抱く者が、一番辛い目に遭う。
そして、何も生まない戦争というもの。
作者さまがきっと苦しみながらも綴り続けた憤りをfateも味わっている気がいたしました。

Re: 知ってしまったんですか…! 

助け、来ないんですよ。ほんともう、ねえ(汗)。
おっしゃるように、こういう時代や世界設定ですので、やはり今現在の「きょうだい」とはチガウし、ちがってくれないと面白くないと思うのがわたし流でして(苦笑)。

エリスはちょっと、そういうところで施政者になるには甘いかなと思います。
でも、そこがやはり彼女の純真さでもあるし、むつかしいところです。

いまわたしたちが生きているこの世界も、
エリスたちのいるところより少しはましなのかもしれませんが、
戦争や紛争がありますし、
苦しい目にあっているひとはいて、
物語というのは、
なんとなく、
そういうゲンジツというのからなんのかんのと離れられないものではないかと考えています。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)