唐草銀河

「遍愛日記」
審判の日 悔悛

審判の日 悔悛 (177)

  「それだけが、私の取り柄だから」
 そうこたえながら、震えているのは自分でもわかっていた。支えられていなければ膝から落ちていきそうだった。そうして小刻みに震える指先を握られて、彼の頬に押し付けられた。
「……ごめんね」
 謝るくらいなら、手をはなして欲しいと本気で思った。謝ればいいっていうものじゃないだろう、と口にしようとして、自分の指に濡れたものが触れて、あ、と声をあげた。
 なにも泣きながら、ひとを欲しがらなくてもいいじゃないか。
 そう、言いたくなったところで、
「好きになって、ごめんね」
 くりかえされた。
 このひとはかわいそうなお姫様じゃないと思い直したのに訂正できなくなりそうで、泣かれたくらいでこの状況に甘んじるのは間違っていると懸命に思おうとすると、その両腕がぐるりと胴にまわされた。
 抱きしめられて唇を覆われながら、その身体の熱さに息があがる。私がイヤだと頭をふるとすぐ離すくせに、胸を押し返そうとするとそれは許さない。息継ぎのあいまにじっと見つめられ、その視線に行き場をなくして横をむくと開いた首筋に唇が落ちる。それで肩を震わすと頬をあわせるだけでゆっくりと背を撫で、こちらが緊張をとくと瞼にくちづけし、額から頬、耳の後ろへと指をはしらせた。
 ずるい。
 覆いかぶさってくれば拒絶の声をあげて押しのけられるのに。もっと強い力で拘束されれば、酷い、やめて、と大声で言えるのに。
 ただでさえミズキさんの手は肌に金色の光をあてられているようでたまらなく気持ちいい。浅い呼吸の合間をぬって囁き声を耳に流し込むタイミングは絶妙で、その音にさえ刺激されてしまう。
 それでも、反応しまいと堪える私を追い上げようとする強引さがミズキさんにはない。いくらでもそうできるのに、しない。といって焦らされているわけでもない。私に拒まれるのが嫌なだけだと、それだけは何があろうと嫌なのだと身体が訴えている。ひどく消極的なくせに貪欲で、堰きとめられた熱が指先に、掌に、唇に、皮膚の突端に凝っていて、哀願し希うことばの真摯さもあいまって、私を翻弄する。
 見つめる視線にさえ熱を感じ、とうとう自分がすっかり目を閉じて彼の腕に取りすがっていることに気がついた。
 た、助けて。
 これは、これは絶対にだめ。
 ここでしちゃうと絶対にまずい。ていうか、したくない。シタクナイ。
 身体が勝手に奔りだす前に、どうしてダメなのか言わなくちゃ。
「ナオキ、さん」
 彼が、あからさまに身じろぎした。けれど何もなかったかのように私の胴をつかんで抱き上げ、机のうえに横にして、そのまま頭の横に両手をついた。
「なに」
 制止するためだけに名前を呼んだのだとわかったらしく、彼の声は不満に掠れていた。
「ほんとうに私を好きなの?」
「じゃなきゃこんな」
「欲しがってるのはわかる。私がこうして気持ちよくなってるのを見ればうれしいでしょうし満足もするだろうけど」
「僕はなにも性的なことだけで」
 言葉の途中で頬に指がふれた。気がつくと、泣いていたらしい。さすがに涙までは制御できない。こころと身体をアタマで冷静にコントロールしているはずが、できていない。まあ、仕方ない。いまこの状態でパニクって悲鳴をあげていないだけ、自分はエライと思うことにして、いかにも優しげで、ひどく思いやりのある手つきで涙をぬぐった男の顔を見あげ、長いあいだ溜め込んでいた言葉を発することにした。
「だって、この今だって、ミズキさんは私だけを見てるんじゃない。つねに浅倉くんと比べてどうなのか、そればっかり。ほんとに、私だけが好きなわけじゃない」
 予期しなかった強い声に、自分でも驚いた。これは、外に聞こえてしまったかもしれない。言われた相手もふいをつかれたように目を見開いていた。その顔を見たら余計、止まらなかった。
「浅倉くんだってそうよ。とられたくないってことばっかり。じゃあミズキさんを懐柔しないで、ほんとに捨てておけばいいじゃない。私がミズキさんに靡かないか心配して、先手をうったってことじゃないの? ちがう?」
 ミズキさんは先ほどと違い、眉ひとつ動かさず私のうえに覆いかぶさったまま、頬に触れていた左手をそっと首のうえにおいた。ひっと喉を鳴らすと、そのまま緩く力をこめて、顔を寄せて囁いた。
「じゃあ、君はどうなの」
「え」
「娼婦みたいに男二人天秤にかけて」
 彼の手のしたで、私の上下する喉の皮膚のうえで、真珠の連がかすかに軋んでいた。
 その密やかな音を聞き分けたのは、使い古された、ありきたりの侮蔑に身を震わせるほど衝撃を受けた、私自身の理性に違いない。
「……言い過ぎたね」
 彼はゆっくりと囁き、声をあげて泣くまいと堪えている私を見おろして、いとも艶やかに微笑んだ。
 ミズキさんは、私が今、自分の差別心に傷ついた事実を嘲笑しているのだ。それに対して返す言葉は私のなかに見当たらない。 
「ねえ姫香ちゃん、僕はもっと酷いことが言える」
「言えば、いいじゃない」
 ああダメだ。こんなふうに相手を煽っちゃだめだと思いながら、言ってしまった。
「言わないよ」
 ミズキさんはそう嘯いて、あの、こわいように完璧な古拙の笑みをみせた。
「姫香ちゃんが好きだから、これ以上は言わない。君にこれ以上嫌われたくはないからね」
 大嫌いと声をあげれば彼が傷つくかと想像し、たぶん違うと思い直す。
「僕はもともと女性が好きじゃないんだよ。聖女だろうと娼婦だろうとふつうの女だろうと関係ない。ただ君だけが特別」
 その声の抑揚には歌うような響きがあって、内容の悲惨さとおかしさにそぐわない。自分がヘンなことを口にしているとわかっているのだな、と思う。
「でも、君もほんとは女性が嫌いでしょう?」
 そんなことはない、と言えなかった。このひとにはもう、あの王子様の絵をみせてしまっているのだから。
「自分じゃなくて他人なら、好きよ」
 ようやく口に出すと、そうかもしれないね、とうなずかれた。
「でも君は男も女もほんとは好きじゃない」
「え」
「姫香ちゃんのあのセルフイメージは王子様じゃなくて、『天使』なんだよ」
「テンシ?」
「そう」
 天使? え、いや、それはでも。
スポンサーサイト



*Edit ▽TB[0]▽CO[2]   

~ Comment ~

僕はもともと女性が好きじゃないんだよ。聖女だろうと娼婦だろうとふつうの女だろうと関係ない。ただ君だけが特別 

「私はほんとに独りで平気だった。いや、独りのほうが落ち着いた。誰の顔色もうかがわず、自分の呼吸をひとに合わせることもないですむ。」

↑あれも、これも、ものすごく理解出来る。
というより知っている、に近い。

そして、ああああ、すみません!
前々章(3月25日)、半分しか読めませんでした。
アサクラくんが好きじゃないとか、そんなことはじゃなくて、好き嫌いでもなくて。
自分で説明がうまく出来ないかも知れない理由で。

浅倉くんって、ものすごくfateにとって、天使や獏さんよりもずっと異種に感じます。彼だけ、現実の人という色彩を抱いていて、幻想的にふわふわしてしまう空気をぴりっと現実に引き戻すと言うか。(なんでだろ?獏になったのに変だな…)

あ、今、書いてて気付きました違う、そうじゃない。
分かりました。彼はfateにとってちっとも可哀相じゃない。
愛してあげなければならない対象じゃないんです。今回、ミズキさんの‘闇’に共鳴し過ぎて、むしろ、その‘闇’に浸るだけ浸りたくて、浅倉くんが必死に引き留めようとしている姫香さんをミズキさんの‘闇’に取り込んでしまいたかった、んだと思います。
だけど、同時に、そんなことをしても誰も幸せにはなれない、ということもものすごく分かっていて、狭間に揺れて狂いそうだった(いや、すみません、初めからオカシイくせに、この世界のせいにしているし…)。その閉じた世界を、その扉を開けてくれるのが浅倉くんだと分かっていたから、拒絶反応が起きたんです。

浅倉くんの存在は、ミズキさん、姫香さん双方にとって、命綱のようなものですね。
ミズキさんが言ったように、お互いが、彼を通してお互いを見ている。
彼がいなくなったら、バランスが崩れる。崩壊する。その危うさがむしろあまりに美しくて、救いを断ち切りたくなる。

天使。
遂に来たんですね。
世界のバランスって、実は、こういう小さな、だけど密度の濃い人間関係だけで容易く崩壊さえられるものかも。
戦争のきっかけってのも、実は些細な出来事が発端だったりするし。

マズイ。
飛ばしたせいで、進み過ぎました。

少し自重しろよ、fateくん…(--;

Re: 僕はもともと女性が好きじゃないんだよ。聖女だろうと娼婦だろうとふつうの女だろうと関係ない。ただ君だけが特別 

> ↑あれも、これも、ものすごく理解出来る。
> というより知っている、に近い。

はい、
だと、おもいます
だから、こうして読みに来てくださるのだと


> そして、ああああ、すみません!
> 前々章(3月25日)、半分しか読めませんでした。

いえいえ、お気になさらずにv
というか、
それくらい、
「毒」のある部分だと思います
fateさんが「多くのひとがついてこれない」といっていたような部分ですし

> アサクラくんが好きじゃないとか、そんなことはじゃなくて、好き嫌いでもなくて。
> 自分で説明がうまく出来ないかも知れない理由で。>
> 浅倉くんって、ものすごくfateにとって、天使や獏さんよりもずっと異種に感じます。彼だけ、現実の人という色彩を抱いていて、幻想的にふわふわしてしまう空気をぴりっと現実に引き戻すと言うか。(なんでだろ?獏になったのに変だな…)


今日はずっと、浅倉くんのことを考えていました
いえ、小説の構想のことですが、
でも、
浅倉くんのことです

> あ、今、書いてて気付きました違う、そうじゃない。
> 分かりました。彼はfateにとってちっとも可哀相じゃない。

はい、これはよくわかります
彼、かわいそうじゃないですよね

> 愛してあげなければならない対象じゃないんです。今回、ミズキさんの‘闇’に共鳴し過ぎて、むしろ、その‘闇’に浸るだけ浸りたくて、浅倉くんが必死に引き留めようとしている姫香さんをミズキさんの‘闇’に取り込んでしまいたかった、んだと思います。
 
ミズキさんにとっては、姫香ちゃんがすべて、ですもんねええ(嘆息
 
> だけど、同時に、そんなことをしても誰も幸せにはなれない、ということもものすごく分かっていて、狭間に揺れて狂いそうだった(いや、すみません、初めからオカシイくせに、この世界のせいにしているし…)。その閉じた世界を、その扉を開けてくれるのが浅倉くんだと分かっていたから、拒絶反応が起きたんです。

だと、
思います
とはいえ、
そう、とはいえ、なのですよ!!!(何故か高ぶる

> 浅倉くんの存在は、ミズキさん、姫香さん双方にとって、命綱のようなものですね。
> ミズキさんが言ったように、お互いが、彼を通してお互いを見ている。
> 彼がいなくなったら、バランスが崩れる。崩壊する。その危うさがむしろあまりに美しくて、救いを断ち切りたくなる。

この小説世界、かれらのいる世界、ほんと、ほんと、どうなんでしょうねえ?
この先どうなるんでしょうねえ??
ってわたし、完全にひとごとのようなこと呟いてますが、
よくよく考えなくてもわたしが書かないといけないんですよ、まったく困ったことに!!!

>
> 天使。
> 遂に来たんですね。

はい
天使が来たところはわたしのいちばんのお気に入りシーンだったりします
あそこ、じぶんでも会心の出来だったのですv

> 世界のバランスって、実は、こういう小さな、だけど密度の濃い人間関係だけで容易く崩壊さえられるものかも。
> 戦争のきっかけってのも、実は些細な出来事が発端だったりするし。

戦争のきっかけって意外とほんとにそんなの多いですよね?
まあそのまえに準備が整ってしまってるわけですが
いわゆる臨界点というか、ええ

> マズイ。
> 飛ばしたせいで、進み過ぎました。

あはは、
いつか、いつか、ずっと先でもいいですから、読みに来てくださいませ
たぶん、そこを読んでもらえるように書くことが、わたしのひとつのシゴトかもしれませんね
 
> 少し自重しろよ、fateくん…(--;

いえいえ、というか、
あれ?
わたしまた、追いつかれちゃう??
きゃーーーーーーーー><
やばい、
頑張ります!!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)