唐草銀河

「Q.V.Q.-キャトルヴァンキャトル-」
Ⅰ 「夢語り」 

Ⅰ 「夢語り」 (1)

   そして、この物語を記述するにあたって、わたしはそれをためらわずに語りたい。夢の記述は完全に文学の伝統に含まれているからである  
        
 だって、ほんとにこういう夢を見たんだもん! 
 わたしは十四才の少女でこの夏休みにジョージ・オーウェルの『一九八四年』を読むぞと意気込んでいる。何故ならその年がまぎれもなく1984年だからで、夢のなかの父親は現代文学を代表する小説家トマス・ピンチョン(!)、歴史に残る長編を発表して以来まるで書けなくなっていて、おまけに母親はわたしを生んですぐに出て行ったらしい。母親のくだりは、ピンチョンの『ヴァインランド』の筋書き通りなわけで、この小説は1984年のアメリカが舞台のハチャメチャなSFで、ぐうたらな父親と暮らす十四才の少女プレーリィの、母親探求の旅がメインテーマのひとつに取られている。ところが、夢を見ているわたしはそんなことにも気づかない。そんな父と娘の暮らしは祖父の遺産によって支えられているようだ。本が堆くつまれたマントルピースの上にある肖像写真の顔は、どうみても立派なひげをたくわえてそっくりかえったマーク・トゥエインそのもので、ひと癖もふた癖もありそうな一徹者らしい憤然とした表情で、凝りにこった金の額縁におさまっている。なぜ夢だと気づかなかったのか恥ずかしくなってきた(わたしは夢のなかで辻褄が合わないと、あ、これ、夢だ! と閃いたりするのです)。 
 さらにいうと、わたしの名前は本名でもペンネームでもない「翠子」で(これは先日、尾崎翠について友人から話を聞かせてもらったからにちがいない)、わたしはその「子」という音の字余りな感じと、いかにも小説の主人公として使われそうなもったいぶったようすがご不満なのである。そして名付け親のピンチョンはすました顔で「そりゃあ小説家だから」とこたえる。わたしは猛然と反抗心を燃やして「ずっと小説なんて書いてないくせに!」と声をあげ、すっかりしょげてしまった父の背中をみるといたたまれなくなり、お茶いれてあげよっか、などと自分が愛されていると信じきっていなければ絶対に言えない小生意気で可愛らしいことを口にして、顔面土砂崩れ状態の父親を眺め、あたしってなんていい娘なんだろうと悦に入り、パパなんてチョロイね、と冷徹な判断を下すのであった。ちなみに、わたしは生まれてこのかた父親を「パパ」だなんて呼んだことはない。
 ここで、父親の造型を語るべきだろう。ピンチョンは極端な人見知りで、いわゆる「謎の人物」と思われている。あわてて付け足すが、このピンチョンは現実世界のピンチョンだ。写真は一枚しか世に出ていない。ここでは敢えて語らない。むろん、わたしの夢のなかの父親であったトマス父さんの顔は、それとまったく似ていない。鳥の巣頭に丸眼鏡、オタクくさいというか、さいきん知った英単語でいうとnerd(ナード、オタクという意味だそうですよ)だろう。さらにはこの一年くらいで下腹がゆるくなりはじめ、だらしなさともいうべき自身の肉体への寛容が腹回りに漂っている。娘であるわたしは父が世間並みではないことにはすでに了承があり、また納得もしていたのだが、友人たちのお父さんが「大黒柱」とか「働き盛り」とかいう立派な看板を背負っているために醸しだす厚かましさに、強烈な羨望に裏打ちされたやむにやまれぬ抵抗感があったので、父親の、偉ぶったところのない文学青年くさい頼りなさをこころひそかに愛していた。よって、風呂上りのビールに制限を設け、せめて太ったりだけはしないでほしいと切に願っていたのだ。




ランキングに参加しています。「面白い」と思われましたら押してください。励みになります! 


スポンサーサイト



*Edit ▽TB[0]▽CO[2]   

~ Comment ~

軽快な感じで始まって楽しそう! 

自作の暗さに疲れ果ててこちらにふらふらやっきました。
昨日、ヒトゴロシをしたので、今朝の夢見の悪いことといったら…
ああああああ、生死の境を彷徨うあいつと、毒の作用で意識の戻らない彼女と、喉を切り裂かれて死んでいったあいつと、爆発に巻き込まれて死んでしまった彼と…その怨念が一気に夢に現われたら、いったいどんな夢か。

ぐったりと疲れて目覚めました。
まぁ、そんなことはどうでも良い。

「> 実は、この世界にあまり未練とか執着とかが薄いのかもな。

えええええっ!?
それは、
それは、
悲しいのでとどまってくださいませ
fateさんの、誰もついてこられないような、すんごい闇のふか~~~~~い話よませてもらってないし!
わたしの小説まだまだ終わらないので(をいっ!! 」

↑おおおお、なんか、嬉しかったですわ。
っていうか、すみません、あんまり何にも考えずにぽろっとカイタらしくて、そんな深い意味はありません。
執着は薄いですが、世界を愛してない訳じゃないし。
それに、そんなコト言ってるやつに限って、憎まれっ子世にはばかるモンです。
もう良いよ、って言われるまでその辺を徘徊しているものと思われます(^^;

ミズキさんや獏さん宅には、もうちょっと自作の修羅場が落ち着いたら再訪したいと思います。
しばらくは、こちら(以降、別作品)でよろしくです。
少女が語り手って初めてですね。
ちょっとわくわくします。

Re: 軽快な感じで始まって楽しそう! 

> 自作の暗さに疲れ果ててこちらにふらふらやっきました。
> 昨日、ヒトゴロシをしたので、今朝の夢見の悪いことといったら…
> ああああああ、生死の境を彷徨うあいつと、毒の作用で意識の戻らない彼女と、喉を切り裂かれて死んでいったあいつと、爆発に巻き込まれて死んでしまった彼と…その怨念が一気に夢に現われたら、いったいどんな夢か。

おお、旺盛な活動をなさっておいでなのですね、お疲れさまでございます!
わたしは作中でなかなかひとを殺せないので、ドキドキいたしました
うううううん、それは寝覚めが悪そうですねえ
 
> ↑おおおお、なんか、嬉しかったですわ。
> っていうか、すみません、あんまり何にも考えずにぽろっとカイタらしくて、そんな深い意味はありません。

いやいや、意外にぽろっと書いたことが本音だったりするんでねえ

> 執着は薄いですが、世界を愛してない訳じゃないし。

ああ、
そう、そうなんですよ、
fateさんからはそれを感じます

> それに、そんなコト言ってるやつに限って、憎まれっ子世にはばかるモンです。
> もう良いよ、って言われるまでその辺を徘徊しているものと思われます(^^;

是非にそうしてくださいませv

> ミズキさんや獏さん宅には、もうちょっと自作の修羅場が落ち着いたら再訪したいと思います。

はい!

> しばらくは、こちら(以降、別作品)でよろしくです。
> 少女が語り手って初めてですね。
> ちょっとわくわくします。

あ、そうかな、
そうかもしれないですね
『楽園の箱』をそういってしまうとチョットしたねたばれNGだし(笑)
どうぞよろしくお願いいたします
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)