唐草銀河

「美神」
半円の午睡~耳の後ろが痒いけど~

半円の午睡~耳の後ろが痒いけど~

  「猫と女は似ていると言われます。エコール・ド・パリの画家レオナール・フジタくらい、猫と女をよく描いた画家は他にいません」
 つまんないことを喋ってる。僕はだいぶがっかりしながら耳の後ろを掻いた。この女性講師は、印象派のモネの絵を「カーテンの模様みたい」と言ったという。楽しみにしてたのに、今日は暴走していないようだ。
 せまい教室を見渡すと、「耳なし」だけでなく、僕と同じ「半円」も少しいる。右耳の後ろが痒いのは、そこに植えつけられた冠状寄生生物が、真円になろうと成長しているからだ。うまくすれば彫金細工みたいな「光輪」になって、この僕も「美神」の資格を得て「翼もち」になることができる。
 教壇に立つ講師は典型的な「耳なし」だ。寄生生物に巣食われて、両耳ともに黄金になっている。真円になるだけの美的・霊的感受性が不足すると輪っかが途絶え、収縮して耳全体が覆われて聴覚が失われる。手術で聞こえるようにはなるけれど、たいていは大学に残り、冒険でなく、学問・研究をすることになる。それをして、女性に偉大な芸術家がいない証左にとりあげる人もいるくらいだ。ほんとはホルモンバランスのせいらしいけどね。だから、彼女たちを「耳なし」と呼ぶのはいけないことだ。けど、将来「美神」になろうとする学生は不安を打ち消すように口にする。
「美神」というのは通称で、銀河大学用語では「修復師」か「顕現師」と記録される。美神の目的は、その翼を用いて失われた地球の美術品を見つけ出し、修復して顕現させること。時空の乱れの向こうに、美を享受した神々の「歓喜」を感じとり、そこからイメージを拾いあげていくのが仕事だ。「美神」とは、記憶媒体であると同時に出力装置。遺伝子操作された魔術師――または、「糞喰らい」。
 地球が、神々と名乗る異星人に丸呑みされ、その排泄物に埋もれてだいぶたつ。僕たちの究極目標は、その糞尿の海から全包括的地球をより分けて取り戻すことなのだけど、無理なのかも……。
「そこのきみ、講義はもう終わってるわよ」
 僕はいつの間にか眠っていたらしい。腕組をした講師がこちらをじっと見おろしている。
「あなた、猫と女は似ていると思う?」
「……わかりません」
「そう。じゃあ、フジタにおける猫と女の相似についてレポートしてくるように。猫はもちろん、女性に関する表象資料は膨大よ。それから異性装についての考察も一緒にね。楽しみにしてるわ、『半円』ちゃん」
 しまった。僕が女だとすっかりばれてしまってる。耳の後ろに手をやると、
「たしかに、猫もそこをよく掻くわよね」
 講師はそういって微笑んだ。それから、僕の半円をいとおしげに見つめていった。
「今現在、女性が『美神』になれる確率は少ないけど、やれるだけやりなさい」
 僕は力強くうなずいて未来を想った。



むかし文学フリマというイベントであった、テレビか何かの企画に提出した掌編三部作です。
お題が「猫、カーテン、教室」だったかな?
続きもどうぞお楽しみいただければ幸いです☆

※唐草銀河は2013年11月から月一更新になりました。
 まる三年週一更新の応援いただいたみなさまどうもありがとうございます。
 今後ともお付き合いのほどよろしくお願いいたします!
スポンサーサイト



*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)