唐草銀河

板東夫人

板東夫人 10

   電話の鳴る音で叩き起こされた。心臓がドキリとなった。手のなかに携帯電話はなかった。雨戸がおりている。ということは夫が帰ってきてしめたのだった。
 鼓動が痛いほど早くなった。
 夫に見られて困るものはすべて削除したはずだった。けれど、寝ていたあいだにもしもメールがあって、それを見られたのだとしたら……。
 膝が震えた。それでも起きた。電話はまだ鳴っている。ベッドからおりて鳴りつづける電話に手を伸ばした。
 義姉の美穂だった。
「陽子さん、ごめんなさいね。もしかして眠ってた?」
「いえ、その……大丈夫です」
 どぎまぎしながらこたえると、美穂は大丈夫といった言葉で安心したのか、買い物をお願いしたいのよと口にした。
「電話に出ないから心配しちゃった。じゃあ悪いけどよろしくお願いします。てきとーでいいから、ほんとに」
 あっけらかんとした声はそこで切れた。陽子は大きく肩で息をした。そして、その電話で自分の番号にかけてみた。出ない。電波の繋がらないところにいるか電源が入っていないとの例のアナウンスが入る。どうしたものかと頭を抱えた瞬間、一階から夫の声がした。
「陽子、起きたのか」
 飛び上がるほど驚いた。けれど、陽子はすぐに気をとりなおした。夫の声はいつもどおりだったからだ。そのまま階段をおりていくと、夫はキッチンに立っていた。
「電話、誰だった。手を離せなくてな」
「お義姉さんだった」
 陽子はそうこたえながら自分の携帯電話がリビングの定位置に、つまり充電器の上にあるのを確かめた。そのまま近寄って、電源がオフになっているのも認めた。安堵の吐息が漏れそうになるのを押し殺し、背中を向けたままの夫へと声をかけた。
「どうしたの、珍しくキッチンにいるなんて」
「ん、ひさりぶりにカレーでも作るかなと」
 玉葱を熱心に炒めている夫は、陽子が携帯電話を手に取ったことも気づく様子はなかった。彼女はソファに腰かけた。
「ねえ、メール見てくれた?」
「ああ、見たよ。あれはおふくろが誰かの結婚式だったかのとき着たやつじゃないか」
「そうなの。とても素敵よね」
 陽子は携帯電話の電源を入れてマナーモードにした。それから着信履歴を確認した。義姉からの電話が二度ほどあった。山本からは、あの後はない。けれど、メールの着信があった。ひらく。田中からだった。田中からのそれは、あの居酒屋でのアドレス交換の際の空メール以外初めてのことだった。教室の連絡事項かもしれないとあけてみた。
 陽子は息を殺してそれを読んだ。
 田中は、山本が既婚者であると教えてくれた。離婚調停中ではあるけれど、その原因は山本の浮気が原因だと。
 不思議なことに、思っている以上の衝撃は訪れなかった。ひどく冷めた気持ちでいた。遊ばれていたのだと思えば気も楽だ。
 田中は最後にこう書き添えていた。
 おせっかいかと思ったんですが、そんなことで絵をやめるのもったいないんで来てくださいね。絵の指導には間違いない人ですし。宮川さんもそう言ってました、と。
 宮川というのが誰かわからなくて首をかしげた陽子だったが、すぐに思い当たった。きっとあの、ボブカットの女性だ。彼女が陽子によそよそしいように見えた理由もそれで納得がいった。
 陽子はそのメールを削除した。返信は落ち着いたらすればいい。再びため息をつき肩を落としながら、山本がくれた最初のメールをひらいた。それでも消せなかった。
「おふくろから話しがあって」
 ぎくりと肩が震えた。
「おまえが疲れてるみたいだから、たまには奥さんサービスしてやれって説教されたよ」
 陽子の唇は震えていたが、夫は手を止めずそのまま続けた。
「お茶に絵の教室に、なんでもかんでもやりすぎじゃないか。前に、お茶のお免状もとるって言ってただろう、のんびり屋の陽子にはあちこち手を出すのは向かないんじゃないか」
「……そうかもね」
 陽子の声はこわばったままだが、夫は気にとめた風もなく聞いてきた。
「中辛でいいか? おまえいつも辛口のほうがいいって言うけど」
「うん、それでいい」
 陽子はソファから立ちあがった。
「わたし、お義姉さんからお買い物を頼まれたから出かけてくる」
「またか?」
 夫が火を止めて振り返った。陽子はおどろいて足をとめた。
「いいかげんにしろって言ってやろうか」
「……ううん、大丈夫」
「そうか。美穂さんはなんでもかんでも頼みすぎなような気がするよ」
 陽子は首をふった。どうして今になってこんなことを言いだすのかわからなかった。義母の差し金ではないのか。それしか思いつかなかった。
 陽子は、帰ったら美味しいカレーができてるかと思うと嬉しいと夫へ声をかけた。夫は、任せとけと笑顔で送り出した。

スポンサーサイト



*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)